「ピンク厚底靴」の波、ニューイヤー駅伝にも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニューイヤー駅伝で一斉にスタートした1区の選手たちの多くがナイキのシューズを履いていた=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影
ニューイヤー駅伝で一斉にスタートした1区の選手たちの多くがナイキのシューズを履いていた=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 陸上長距離界を席巻する「ピンクの靴」の波は、1日に群馬県内で行われた全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)にも押し寄せた。午前9時過ぎ、群馬県庁前に並んだ1区の選手37人のうち、30人超がピンク色を中心としたナイキ社製の厚底シューズを履いていた。従来の大会記録を3分25秒も塗り替える驚異的なタイムで優勝した旭化成も、7区間のうち5人が「厚底」だった。

 旭化成同様、大会記録を大幅に更新した2位のトヨタ自動車は東京五輪マラソン代表の服部勇馬ら、3位のHondaもマラソンの前日本記録保持者である設楽悠太ら主力選手が履いている。最長4区で区間新記録を出したMHPSの井上大仁は昨年末から厚底に変えており、黒木純監督は「力感なく前に進んでいる。足の張りもなくなってきた」と効果を語る。

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文936文字)

あわせて読みたい

注目の特集