メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロスタイム、ゴールラインを背に必死の防御 常翔学園ヒヤリ 全国高校ラグビー

【常翔学園-中部大春日丘】後半、中部大春日丘の攻めをくい止める常翔学園の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月1日、平川義之撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合。Bシードの常翔学園(大阪第2)は同じくBシードの中部大春日丘(愛知)を19―15で破った。

 終了間際のロスタイム。ゴールラインを背にした必死の防御の末、最後にボールを受けた常翔学園のFB吉本は、自陣のデッドボールラインを割るべく万全を期して後ろを振り向き、外に蹴り出した。

 野上監督は「しんどかった」と本音を漏らした。しかし、トライを許せば逆転される最終盤で選手は攻めの防御を貫き、ついに得点を許さなかった。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです