メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

層の厚さ浮き彫りに…旭化成4連覇 大会記録も更新 ニューイヤー駅伝

1位でフィニッシュする旭化成のアンカー・鎧坂哲哉=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 平成最後の王者が、令和最初の栄冠も手にした。群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝」で、旭化成が歴代最多25回目の優勝を果たし、連覇を4に伸ばした。第56回大会で日清食品グループが出した大会記録(4時間49分32秒)を3分25秒更新した。終始上位でレースを進め、高卒2年目の6区・小野がトヨタ自動車を抜いてトップに浮上し、独走した。5~7区で3連続区間賞を奪い、層の厚さを印象づけた。

 2分29秒差の2位はトヨタ自動車、3位は前回24位のHonda。両チームも従来の大会記録を上回る高速レースとなった。JR東日本は初入賞の4位、初出場のGMOインターネットグループは5位。前回30位の愛三工業は初入賞の6位と躍進した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです