メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20歳初出場・小野が快走 旭化成、「たたき上げ選手」の伝統息づく ニューイヤー駅伝

1位でフィニッシュする旭化成のアンカー・鎧坂哲哉=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、旭化成が4時間46分7秒の大会新記録で4連覇を果たし、自らの最多優勝記録を25回に伸ばした。

 20歳の新鋭は、全日本大会初出場とは思えぬ冷静さで勝機を逃さなかった。

 6区の4キロ過ぎ。5秒差の2位でたすきを受けた旭化成の小野はトヨタ自動車の田中に追いつくと、相手の息づかいが荒いと気づいた。「並走するよりも、一気に抜いたほうがいい」。6区で2度の区間賞の実績を持つ田中に対して臆せず勝負を仕掛け、突き放した。先輩の市田宏の区間記録を36秒も更新し、7区の鎧坂に46秒のリードを作ってつないだ。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです