メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ 5区エース服部が見舞われていた“異変” 4年ぶり優勝ならず ニューイヤー駅伝

トヨタ自動車・4区の大石港与(左)からトップでたすきを受け取る5区の服部勇馬=群馬県太田市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、4年ぶりの優勝を狙ったトヨタ自動車は4時間48分36秒で2位だった。

 王座奪還への思いを込め、トヨタ自動車の主将・大石は2位に12秒差のトップで5区のエース、服部につないだ。最高のシナリオのはずだった。しかし、思うようにリードを広げられず、チームは終盤に力尽きた。

 服部は3週間前、異変に見舞われていた。練習で左太もも裏に違和感を覚え、この日も左脚にテーピングをして臨んだ。万全ではなくてもエースとしての責任感で、「最初からハイペースで入って押し切る」ことを選択。これが裏目に出て、「10キロ過ぎから、(脚が)痛くなってきた」。徐々に旭化成の村山謙に差を詰められた。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです