メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤクルト7位、14年ぶり入賞「若手が力、自信あった」 ニューイヤー駅伝

群馬県庁前から一斉にスタートするニューイヤー駅伝第1区の選手たち=前橋市で2020年1月1日午前9時15分、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、ヤクルトが7位に入り、2006年の4位以来、14年ぶりの入賞を果たした。

 ここ4大会は20位台と低迷が続いたヤクルトが、大きく躍進した。出場した7人の平均年齢は25歳で、主将で26歳の高久龍は「若い選手が力をつけ、自信はあった。力通りの結果」と胸を張った。

 ハイライトは4区・高久の粘り強い走りだった。4位でたすきを受けたが腹痛に見舞われ、13キロ付近でHondaの設楽悠太に抜かれて5位に下がった。しかし、東洋大の1学年先輩の設楽から「後ろにつけ」と言われ、1キロほど背中について走ると復調。マツダをかわした後、終盤には設楽にも競り勝って3位で5区につなぎ、入賞への流れを作った。

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです