メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告の無断出国 レバノン政府、声明で関与否定「すべては彼の個人的な問題だ」

カルロス・ゴーン被告=竹内幹撮影

 レバノン外務省は12月31日に声明を発表し、金融商品取引法違反などに問われ保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告について「30日早朝にレバノンに合法的に入国した」としたうえで、「彼の日本からの出国とベイルートへの到着の状況については知らない。すべては彼の個人的な問題だ」としてレバノン政府としての関与…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです