特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

レバノン政府、ゴーン被告の「合法」入国認める 関与否定 「8日に会見」報道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カルロス・ゴーン被告=竹内幹撮影
カルロス・ゴーン被告=竹内幹撮影

 ゴーン前会長がレバノンに逃亡する直前まで、レバノン政府が日本政府に対して複数回、前会長の送還を要請していたことが判明した。政府関係者によると、「日本の司法手続きによって適切に対応している」と要請を拒否したという。

 一方、レバノン外務省は12月31日に声明を発表し、前会長が「30日に入国した」と公式に認め、入国は「合法的だった」と強調。「彼が日本を出国し、ベイルートに着いた状況は関知しておらず、すべては個人的な事…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集