「求愛拒否から受け入れへ」脳の仕組み解明 ハエの研究で 名大チームら

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ショウジョウバエ
ショウジョウバエ

 オスの求愛をメスがいったん拒否し、その後受け入れに転じる脳の仕組みを、名古屋大大学院理学研究科の上川内あづさ教授(神経科学)らのチームが、ショウジョウバエを使った研究で明らかにした。「愛の獲得には、何度フラれても求愛を続けることが大事だということが脳の仕組みから裏付けられた」という。2日付の米科学誌に掲載された。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文627文字)

あわせて読みたい

ニュース特集