メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青学大3年ぶり往路優勝 往路新の5時間21分16秒 箱根駅伝

東京箱根間往復大学駅伝の1区を走る先頭集団の選手たち=2020年1月2日、小座野容斉撮影

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町―神奈川・箱根町の往路5区間107・5キロに21チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加して行われ、青学大が5時間21分16秒の往路新記録で3年ぶり4回目の往路優勝を果たした。昨年東洋大がマークした往路記録(5時間26分31秒)を5分以上も縮めた。

 1分33秒差の2位は国学大、3位は東京国際大、昨年総合優勝の東海大は青学大と3分22秒差の4位で、上位4チームが従来の往路記録を更新した。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです