神戸、地元で天皇杯優勝報告会 サポーターらとタイトル獲得喜ぶ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権で初優勝を果たし、創設25年で初めて国内3大タイトルを獲得したヴィッセル神戸は2日、神戸市中央区のメリケンパークで優勝報告会を開いた。天皇杯を掲げた元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ主将は「チームメートが練習に向き合う姿勢、チームのスタッフ、サポーター、神戸のまちに感謝したい。来季はJリーグ、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のタイトルを取るという大きな目標がある。今回のタイ…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集