戻ってきた「強い青学大」 先行逃げ切りで往路新記録 箱根駅伝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4区、青学大・吉田祐也はタスキを掲げながら中継所に向かう=2020年1月2日(代表撮影)
4区、青学大・吉田祐也はタスキを掲げながら中継所に向かう=2020年1月2日(代表撮影)

 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走は2日、東京・大手町―神奈川・箱根町の往路5区間107・5キロに21チーム(オープン参加の関東学生連合を含む)が参加して行われ、青学大が5時間21分16秒の往路新記録で3年ぶり4回目の往路優勝を果たした。

 強い青学大が戻ってきた。先行逃げ切りの得意のパターンに持ち込み、ライバルの東海大に3分22秒の大差をつけた。3年ぶりに芦ノ湖で多くのファンから拍手を受けた原晋監督は「(先頭に立てば)自分のリズムで走れる。選手は頼もしかった」と冗舌だった。

 前半重視の「攻め」のオーダーを組んだ原監督の期待に、選手が応えた。1区にはエースの吉田圭を起用。2区の岸本は12月に故障で3日間走れなかったが、潜在能力の高さを信じた。吉田圭が先頭と18秒差でつなぐと、岸本はすぐに先頭集団に追いつき、ラスト1キロを切ってからスパートして先頭に立った。3区以降の選手はのびのびと走り、東海大との差を着実に広げた。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文696文字)

あわせて読みたい

ニュース特集