メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デザインで農業活性化 帯広の制作会社、実例や効果を本で紹介 /北海道

生産現場のデザインの意義をまとめた本を手にする長岡淳一社長=北海道帯広市で

 農場のロゴマークなど生産現場のデザイン制作を担うファームステッド(帯広市)が、デザイン化の効果をまとめた「農と食と地域をデザインする―旗を立てる生産者たちの声」(新泉社、224ページ、税別2200円)を出版した。

 同社は2013年設立。全国各地の農家のシンボルマークやパッケージデザインなどを手がけている。

 本書では、同社が仕事を受けた生産者12人へのインタビューを掲載。農場のロゴマークを作った芽室町の畑作農家「尾藤農産」▽美瑛町の「本山農場」▽福島県の「フルーツのいとう園」――などの代表者がデザイン化のきっかけや有効性などを詳細に語っている。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 菅氏「マスクが出回っているか確認」 「週1億枚供給」も品薄続く

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 「どうなっているの」 衆院予算委の政府答弁、与党からも指摘相次ぐ 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです