メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

スバル「悔しい結果」 中盤遅れ18位 若手育成へ意欲 /群馬

フィニッシュするSUBARUのアンカー藤原滋記=群馬県庁前で

 新春の上州路を駆け抜ける「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)が1日、県庁発着の7区間100キロのコースで開かれた。県勢のSUBARU(20年連続20回目)は4時間53分41秒で18位だった。沿道には73万人(主催者発表)が訪れ、選手たちに声援を送った。【妹尾直道、菊池陽南子】

 無念の順位でゴールテープを切った。入賞(8位以内)を目指したSUBARUは中盤以降に遅れて18位。大黒柱不在のチーム事情に、奥谷亘監督は「悔しい結果。力負けだった」と肩を落とした。

この記事は有料記事です。

残り813文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです