メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗り越えて

/1 市原 パリ五輪目指す森みみさん(13) 手作り射場、メダルで感謝を /千葉

祖父の征四郎さんが手作りした練習場で、真剣な表情で弓を引く森みみさん=近藤卓資撮影

 「アーチェリー練習場」と書かれた看板は無残にも壊れ、的を張り付けた畳がなぎ倒された。市原市立ちはら台西中1年の森みみさん(13)のために祖父の征四郎さん(80)が手作りした同市内の練習用の射場。昨年9~10月に猛威を振るった台風や大雨で近くの河川が氾濫し、倒木もあって1カ月以上使えなくなった。

 みみさんはアーチェリーを始めたのは約1年9カ月前からにもかかわらず、2018年の全日本小学生中学生アーチェリー選手権で3位入賞。同年の第1回全日本ゴールデンエイジ(GA)カップアーチェリー選手権・小学生女子の部では優勝に輝き、今は全日本アーチェリー連盟の育成選手として練習に打ち込む。

 小学5年生の夏休み、親戚と訪れた群馬の牧場で初めてアーチェリーを体験した。「矢が当たった瞬間、これまでにない感覚があり、楽しかった」。母祥子さん(43)と市原市内のアーチェリー教室に参加し、その年の秋に同市アーチェリー協会に入会した。千葉市中央区のトレーニングジム「ブルーオーシャン」で体幹を鍛え、同区の「ありがとう整骨院グループ」ではボディーケアを受けている。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 横田滋さん死去 87歳 北朝鮮拉致被害者・めぐみさんの父 家族会元代表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです