メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本刀打ち初め式 700年の技、観客魅了 関 /岐阜

大鎚で玉鋼を打ち付ける刀匠=岐阜県関市南春日町の関鍛冶伝承館で

 刃物の町として知られる関市の関鍛冶伝承館で2日、新春恒例の「古式日本刀鍛錬打ち初め式」が開かれた。刀匠たちが約700年続く伝統の技法を披露し、観客を魅了した。

 黒い烏帽子(えぼし)に白装束の刀匠9人が、盛業と安全を願うおはらいを受けた後、火床(ほど)に火入れした。高温に熱せられた真っ赤な玉鋼を大鎚…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです