メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

3回戦 常翔学園、東海大大阪仰星、大阪桐蔭 監督・主将・チームリーダーの話 /大阪

自信につながる 常翔学園・野上友一監督

 こちらの攻撃時間を長くしようと意思統一したが、思うようにいかなかった。相手のハイパントにもたつき、力を出させてしまった。でもよくしのいだ。最後に近場でボールをキープして時間を使ったのは、成長したと思う。今日の勝利は自信につながる。

声かけ合い守る 常翔学園・為房慶次朗主将

 相手FWの圧力は大きく、最後は1トライで逆転される状況だった。それでも仲間で声をかけ合って守り切り、自分たちの成長を感じた。前回は最後に粘れなかったが、今日は苦しい場面を乗り越えられよかった。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  4. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  5. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです