メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔んで山陰

/1 ウェブ漫画「四十七大戦」 地域と共に作り上げ 鳥取

「首都争奪バトル舞台『四十七大戦』」の主要キャラたちによる記念撮影。2019年11月の鳥取公演には県のマスコットキャラクター「トリピー」(後列左)も参加した=Ⓒ舞台「四十七大戦」製作委員会

 擬人化した鳥取県が新たな首都を巡って他の都道府県と戦うウェブ漫画「四十七(しじゅうしち)大戦」(一二三(ひふみ)さん作)。ファン投票による「WEBマンガ総選挙2018」で1位に輝き、単行本(2019年末までに7巻刊行)化もされた。そんな人気にあやかった同県や地元企業からもラブコールを受け、地域のPRに一役買っている。

 作品は県ごとにいる「ご当地神」である主人公「鳥取さん」が、人口減による県消滅を避けようと首都争奪戦で奮闘するあらすじ。作中には、各県の特産品やご当地ネタなどが盛り込まれており、読者の共感を呼ぶような内容となっている。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです