メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災25年 サッカー天皇杯 神戸V 国立幕開け

5万7597人の観客が集まったサッカーの天皇杯決勝=東京・国立競技場で2020年1月1日、宮武祐希撮影

 五輪イヤーの幕開けとなった1日、サッカーの第99回天皇杯全日本選手権決勝が、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場(東京都新宿区)で五輪テスト大会を兼ねて行われた。J1勢同士の対戦で、ヴィッセル神戸が2―0で鹿島アントラーズに勝利。阪神大震災が起きた1995年のクラブ発足から25年の節目に、初めてタイトルを獲得した。

 国立競技場は天皇杯が最初のスポーツ公式戦で、5万7597人が訪れた。【福田智沙】

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです