阪神大震災25年 サッカー天皇杯 神戸V 国立幕開け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5万7597人の観客が集まったサッカーの天皇杯決勝=東京・国立競技場で2020年1月1日、宮武祐希撮影
5万7597人の観客が集まったサッカーの天皇杯決勝=東京・国立競技場で2020年1月1日、宮武祐希撮影

 五輪イヤーの幕開けとなった1日、サッカーの第99回天皇杯全日本選手権決勝が、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場(東京都新宿区)で五輪テスト大会を兼ねて行われた。J1勢同士の対戦で、ヴィッセル神戸が2―0で鹿島アントラーズに勝利。阪神大震災が起きた1995年のクラブ発足から25年の節目に、初めてタイトルを獲得した。

 国立競技場は天皇杯が最初のスポーツ公式戦で、5万7597人が訪れた。【福田智沙】

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1330文字)

あわせて読みたい

注目の特集