メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 旭化成V4 終盤独走

 平成最後の王者が、令和最初の栄冠も手にした。群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝」で、旭化成が歴代最多25回目の優勝を果たし、連覇を4に伸ばした。第56回大会で日清食品グループが出した大会記録(4時間49分32秒)を3分25秒更新した。終始上位でレースを進め、高卒2年目の6区・小野がトヨタ自動車を抜いてトップに浮上し、独走した。5~7区で3連続区間賞を奪い、層の厚さを印象づけた。

 2分29秒差の2位はトヨタ自動車、3位は前回24位のHonda。両チームも従来の大会記録を上回る高…

この記事は有料記事です。

残り3248文字(全文3512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです