メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 上州路にも「厚底」の風 驚異的、3分25秒更新

 陸上長距離界を席巻する「ピンクの靴」の波は、1日に群馬県内で行われた全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)にも押し寄せた。午前9時過ぎ、群馬県庁前に並んだ1区の選手37人のうち、30人超がピンク色を中心としたナイキ社製の厚底シューズを履いていた。従来の大会記録を3分25秒も塗り替える驚異的なタイムで優勝した旭化成も、7区間のうち5人が「厚底」だった。

 旭化成同様、大会記録を大幅に更新した2位のトヨタ自動車は東京五輪マラソン代表の服部ら、3位のHon…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです