メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

言葉の力で常連校 中部大春日丘・宮地監督、未経験逆手に

後半、ベンチ前で選手に指示を出す中部大春日丘の宮地真監督=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月1日午後2時19分、三浦研吾撮影

 第99回全国高校ラグビー大会に出場し、1日の3回戦で常翔学園(大阪第2)に惜敗した中部大春日丘(はるひがおか)(愛知)。宮地真監督(54)はラグビー経験のない国語教師だ。就任28年目で、7大会連続9回目の花園出場。6回目となった8強入りの挑戦もはね返されたが、独自の指導法で同校を常連校に育て上げた。

 「現代文も古文も漢文も教えてる。そっちが本職だよ」。そう言って日焼けした笑顔を見せる。2019年ワールドカップで活躍した姫野和樹選手(25)=トヨタ自動車=も教え子の一人だ。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです