メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

触れて知る五輪・パラ競技 ピクトグラムが点図に 鹿児島の視覚障害支援施設

 東京五輪・パラリンピックが迫る中、鹿児島県視聴覚障害者情報センター(鹿児島市)が実施競技を表す全73種類のピクトグラム(絵文字)の点図を作った。データは日本点字図書館(東京)が管理するインターネット図書館「サピエ」に公開しており視覚障害者らがダウンロードして利用できる。点図に触れた視覚障害者らは「初めてどんな競技かイメージできた」と喜んでいる。【杣谷健太】

 ピクトグラムは東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が2019年春に五輪50種類(33競技)、パラ23種類(22競技)を発表した。大会中に会場の案内図などに使用される。組織委は立体的に印刷したポスターは作ったが枚数は限られ、大多数の視覚障害者が触れられる環境にはない。点図は作製しておらず、「独自で作ってもらいありがたい」と歓迎している。福祉事業者による点訳や点図化は著作権法で認められている。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです