メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海キャンパる・今ドキッ!?大学生

金メダルの先を見据え 東京五輪・競歩代表 山西選手にインタビュー

世界陸上選手権でコースを周回する山西利和選手(手前)=カタール・ドーハで昨年10月、久保玲撮影

 2020年の一大イベントといえば、やはり東京五輪・パラリンピック。大学生を含めた若手アスリートの活躍が期待されている。東海キャンパるの新年第1回は、男子20キロ競歩の代表、山西利和選手(23)=愛知製鋼=へのインタビュー。京大を卒業した社会人2年目の先輩に、計画の立て方や成果を出すコツなどを聞いた。

 学生記者 五輪出場はどんな気持ちですか。

 山西利和選手 ようやくスタートラインに立てたという感じです。ターゲットは「出る」ではなく「勝つ」。ただ、見方を変えれば、たかだか1回の五輪。あまり大きく捉えすぎると、終わった瞬間に路頭に迷うと思うんです。先を見据え、選手としてのあり方とか強化の仕方を考えながら、東京にも向かっているイメージです。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです