メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ国会 リビア派兵を承認 シラージュ暫定政権を支援

トルコのエルドアン大統領=AP

 トルコ国会は2日、国家が分裂しているリビアへのトルコ軍の派遣承認を求める政府提出議案を賛成多数で可決した。シラージュ暫定政権を支援する。派兵の時期や規模は明らかになっていない。

 トルコは2019年11月に暫定政権側と武器供与や軍事訓練についての軍事協定を結んでおり、軍事協力をさらに強化する。ただ、オクタイ副大統領は1日、暫定政権と戦闘状態にある民兵組織「リビア国民軍」(LNA)が撤退すれば、派兵しないこともあり得るとも指摘している。

 トルコのエルドアン大統領は議案の可決後に米国のトランプ大統領と電話でリビア情勢などを協議した。ホワイトハウスによると、トランプ氏は「外国勢力がリビア情勢を複雑化させてきた」と指摘。慎重な対応を促したとみられる。エルドアン氏は8日にロシアのプーチン大統領と会談する予定で、リビア情勢も協議する。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人選手に新型コロナ感染の疑い 練習試合中止

  3. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです