メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

24歳被告が祖父をめった刺しにした本当の理由は…心理士や福祉士鑑定で裁判が変わる

パネルディスカッションで鑑定の実例や活動の課題について語り合う弁護士や社会福祉士、臨床心理士=東京都品川区で2019年12月15日、牧野宏美撮影

 臨床心理士や社会福祉士ら「対人援助専門職」と呼ばれる人たちが、刑事裁判で少年や知的・精神障害を抱える被告の心理を鑑定したり、更生に向け必要な支援について意見を述べる活動が徐々に広がっている。2年前には臨床心理士が、今年11月には社会福祉士が弁護人から鑑定などを請け負う窓口として相次いで全国団体を設立し、人材育成も担う。なぜ心理や福祉の専門家が裁判に関わるべきなのか。具体的な事例からその意義を探った。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

 「裁判は、判決だけでなくプロセスも重要なんです」。12月15日、東京都内で開かれた集会で、元家裁調…

この記事は有料記事です。

残り2615文字(全文2886文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです