メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前回王者に雪辱果たした桐蔭学園 強さ光った前半27分の速攻トライ

【桐蔭学園-大阪桐蔭】前半、ボールを激しく奪い合う両校の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月3日、平川義之撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第5日の3日、東大阪市花園ラグビー場で準々決勝4試合。Aシードの桐蔭学園(神奈川)が31―12でBシードの大阪桐蔭(大阪第1)を破った。

○桐蔭学園31―12大阪桐蔭●

 攻守にそつない桐蔭学園。3本目のトライを奪った前半27分の速攻に凝縮されていた。

 大阪桐蔭に自陣ゴール前へ攻め込まれながら、粘り強い守りで反則を誘う。SO伊藤大が素早いリスタートから大きく右前に蹴り出した。反応良く追いかけたCTB渡辺が相手のタックルを受けながらボールをつなぐオフロードパスを繰り出し、WTB西川がインゴールに飛び込んだ。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです