メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全ては計画通り 常翔学園、劇的な逆転トライ生んだ前半の布石 全国高校ラグビー大会

【常翔学園-京都成章】後半、常翔学園の生駒が軽快なステップで相手ディフェンスをかわし、逆転のトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月3日、平川義之撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第5日の3日、東大阪市花園ラグビー場で準々決勝4試合。Bシードの常翔学園(大阪第2)が27―24でAシードの京都成章を破った。

○常翔学園27―24京都成章●

 常翔学園のWTB生駒が相手陣ゴール前で内側に切れ込み、京都成章の2選手を一瞬にして振り切った。右手を突き上げながら悠々とインゴールへ。後半ロスタイムでの逆転トライに、生駒は「みんなで勝ちを取れた」と破顔した。

 全ては計画通りだった。相手FWの平均体重は100キロ近い。狙いは「後半勝負」。その布石として前半はキックを多用し、相手の体力を消耗させることに重点を置いた。自らの体力も落とすが、今季のチームの強みは、野上監督が「誰が出ても同じ」と言うほど先発メンバーと控えの力の差がないことだ。後半から突破力のあるSH辻を投入して攻撃のテンポを速め、徐々に前進していった。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです