メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士通QB高木「とにかく落ち着くよう心がけた」 ライスボウル

【富士通-関学大】第3クオーター、ディフェンスをかわし攻め込む富士通のWR高津佐(中央)=東京ドームで2020年1月3日、玉城達郎撮影

 第1クオーター6分37秒、富士通が敵陣ゴール前10ヤードで得たファーストシリーズ。QB高木は「とにかく落ち着くよう心がけた」と振り返る。少し右に泳いでから、ゴールポスト真下のWR強に一直線のパスを通した。試合の流れを決める大きな先制TDとなった。

 ライスボウル4連覇を目指してスタートした今季、チームのテーマは「チームの総合力を高める」と「ファーストシリーズから点を取る」だった。この日は…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです