メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの書

新春特集 干支文字 毎日書道会の書家26人のメッセージ

 

 令和になって初めて迎える正月。今年は十二支の1番目、「子(ね)」年にあたる。干支(えと)の文字「子」「ね」「鼠」を、日本を代表する書家たちに揮毫(きごう)してもらったところ、新たな年に希望を託す、多彩で表情豊かな作品がそろった。吉兆を感じさせる26人の文字をじっくり味わっていただきたい。【鈴木義典】

 毎日新聞社と毎日書道会は、日本伝統の書道芸術の振興、普及を目指し国内最大規模の総合展「毎日書道展」を開催してきました。新年の催しとして今月9日まで東京・銀座で「現代の書新春展」を開いています。

この記事は有料記事です。

残り2329文字(全文2577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです