メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「VS嵐」 力合わせ本気で 長寿に納得=田中里沙

 令和初の新年。2020年の幕が開けた。今年は特別な年にしたいし、できたらと願う。年末には、1年の顔となった人たちの活躍や、象徴的なニュースを振り返る番組を見ながら、今年の顔となる人たちを想像してみた。その代表的存在は、アイドルグループ「嵐」だろう。ちょうど1年前に活動休止を宣言してから、ファンのみならず、多くの人が嵐と同じ時間を共有しようという気分になっている。国民的グループの動きは、時事のテーマに共鳴していく。NHKの「東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」として、選手たちの名場面を盛り上げてくれるだろうし、社会を彩る大役を見事にこなすに違いない。

 「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)、「VS嵐」(フジテレビ系)など、嵐のメンバー全員が出演する冠番組は、そこに多彩なゲストが加わり、いつも楽しく、お茶の間をにぎわす。「VS嵐」は10年以上続くゲームバラエティー番組。嵐のメンバーに、「プラスワン」ゲストを加えた嵐チームと、ゲストチームが、番組オリジナルの体験型ゲームで対戦する。身体能力、戦略、チーム力が求められる競技なので、普段の放送はもちろん、お…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです