連載

記者たちの記憶・阪神大震災25年

阪神大震災が1月17日で発生から25年の節目を迎える。毎日新聞では記者が全国から集結、長期にわたり取材に当たった。東日本大震災が起きるまで、国内では戦後最大だった自然災害から四半世紀を経て、記者が当時を振り返る。

連載一覧

記者たちの記憶・阪神大震災25年

1995年1月17日午前5時46分 あの日、阪神大震災が始まった

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「阪神大震災」を初めて使った1995年1月18日の毎日新聞朝刊1面。燃え上がる神戸市長田区の写真を大きく配していた。右は前日夕刊社会面。西市民病院の救出作業を報じた=山本直撮影
「阪神大震災」を初めて使った1995年1月18日の毎日新聞朝刊1面。燃え上がる神戸市長田区の写真を大きく配していた。右は前日夕刊社会面。西市民病院の救出作業を報じた=山本直撮影

 阪神大震災が1月17日で発生から25年の節目を迎える。高度成長を遂げた大都市をマグニチュード7・3の地震が襲い、6434人が死亡、二十数万棟の家屋が全半壊した。毎日新聞では、記者が全国から集結、長期にわたり取材に当たった。東日本大震災が起きるまで、国内では戦後最大だった自然災害から四半世紀を経て、記者が当時を振り返る。(次回から社会面に掲載)

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1722文字)

あわせて読みたい

注目の特集