連載

ぐんま・ロケ地巡礼

毎日新聞デジタルの「ぐんま・ロケ地巡礼」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ぐんま・ロケ地巡礼

/1 館林市 アニメ「宇宙よりも遠い場所」 日常の景色、魅力的に /群馬

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東屋でファンの寄せ書きを見る中山墾さん(右)と仙台市から訪れた落合知夫さん。「多くの人が直面する悩みや苦しみに寄り添い、真正面から向き合った作品」と二人=群馬県館林市花山町のつつじが岡公園で
東屋でファンの寄せ書きを見る中山墾さん(右)と仙台市から訪れた落合知夫さん。「多くの人が直面する悩みや苦しみに寄り添い、真正面から向き合った作品」と二人=群馬県館林市花山町のつつじが岡公園で

市民が「巡礼マップ」や公式グッズ製作

 映画やドラマのロケ地、アニメの舞台などゆかりの地を訪ねる「聖地巡礼」が人気だ。しかしファンの間では有名でも、地元では「知る人ぞ知る」現場も少なくない。作品の中ではおなじみの景色がひと味違って見えるかも……。県内のロケ地を訪ねた。【鈴木敦子】

 世界で最も寒い南極を目指す女子高生ら4人の成長を描いた青春アニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」(通称「よりもい」)は、かつて「日本一暑い」とされた館林市が舞台だ。2018年1~3月にテレビやネットで放送されると、作品に魅了された市民有志が「巡礼マップ」や公式グッズの製作に奔走。放送終了から約2年が経過した今も「聖地巡礼」に訪れるファンが後を絶たない。

 昨年12月15日、上毛かるた「分福茶釜の茂林寺」で知られる茂林寺近くのうどん屋で、ファン主催の「ゆづ誕生日会」が開かれた。ゆづは主人公の一人。10~60代の男性を中心に、遠くはカナダからも駆けつけ、作品談議に花を咲かせた。誕生日会は4人分で年4回、市内で開催され、毎回数十人が参加している。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1365文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集