メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジ2020~彩の国から~

/2 熊谷で原点見つめる 7人制ラグビー・桑井亜乃選手 /埼玉

2度目の五輪出場を目指すアルカス熊谷の桑井亜乃選手=埼玉県熊谷市万吉で

 「1人でも多く日本代表を輩出し、金メダル獲得に貢献する」。五輪での活躍を目標に掲げる女子7人制ラグビーのクラブチーム「アルカス熊谷」。東京五輪に向けて、選手たちは激しい代表選考争いに挑んでいる。「必要とされる時が来ると信じてやるしかない」。2016年リオデジャネイロ五輪で日本の初トライを決め、2度目の五輪出場を目指す桑井亜乃選手(30)もその一人だ。ベテランの意地を見せるべく、もがきながらトレーニングに励む。【大平明日香】

 北海道東部の幕別町出身。小学校から高校まで陸上とアイスホッケーを掛け持ちしていた。スピードスケートの高木菜那・美帆姉妹や、女子陸上100・200メートル日本記録保持者の福島千里選手を輩出した同町。「夏冬両方のスポーツをやるのは当たり前。小さい頃からいろいろ体験しているので、筋肉の動かし方や走り方を体が覚えている」と言う。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペナルティのワッキーさん、中咽頭がん治療のため一時休養

  2. ORICON NEWS ペナルティ・ヒデ、中咽頭がん公表の相方・ワッキーに言及「前向きに治療に専念致します」

  3. 新型コロナ 安中の感染女性、ヨコオ工場勤務 /群馬

  4. アーモンドアイ「8冠」ならず 国枝調教師「ため息しか出ない」 優勝はグランアレグリア GⅠ安田記念

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです