メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京半世紀1964-2020

/3 次代、安心の農模索 五輪へ食材提供 若者ら参入 /東京

住宅に囲まれたブルーベリー農園となったかつての菊畑を前に立つ浅見さん=練馬区羽沢で

 「こんな機会はめったにない。やろう」

 1963年、練馬農協(当時)の花卉(かき)園芸部会。翌年の東京五輪に菊1万鉢の提供を求めた組織委員会に農家が応えた。浅見喜代司さん(78)の家もその一つだ。

 菊は天候で生育状況や開花時期が変わる。「直径、高さ30センチ」の規格を満たし、開会式に間に合わせるのは大きな挑戦だった。

 63年から準備を始め葉が枯れる病気も出たが克服。開会式前日に約5000株を車で新宿区の国立競技場(当時)に運んだ。聖火が上る階段の両脇に菊が並んだ。「達成感は大きかった」

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです