メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新卒採用企業 年末年始も内定者フォロー 実家に社内報 親の関心を重視 /東京

内定者の実家に郵送する社内報=東京都新宿区で

 人手不足の影響で、就職を巡っては学生側の売り手市場が続く中、企業側が年末年始を意識した内定者フォローを始めた。就職活動に親の関与が高まっているというデータを重視、家族がそろう年末年始を意識したアプローチだという。内定者の関心のつなぎとめに、採用担当者たちは力を入れている。

 福岡県の私立大4年の女子学生(22)は、夏休みに帰省した際に親から就職を考え直すよう説得され、内定先に内定辞退を申し入れた。経緯はこうだ。4年の春に、通信関連企業の営業職に内定を得た。実家にも伝え、就活は一段落したと考えていた。だが、お盆に帰省すると、父や祖父に、「営業はつらい」「元々は別業界が良かったのでは」などと説得された。「小さい頃から自分を知る父や祖父に面と向かって言われ、気持ちが揺れた」と、内定辞退と就活再開を決めた。

 人材サービスの「ネオキャリア」(新宿区)が2018年に採用担当者ら309人から得たアンケートによると、新卒就活で、「親の関与が高まっている」(58・3%)、「親の意向で内定辞退を申し出てきたことがある」(47・9%)などの結果となった。企業資料や「親向け内定通知書」を送るなど親対策をしている企業は約4割に上るという。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです