メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスポーツ体験記

/2 車いすテニス パリ大会を目指す、笹島湧希さん(17) 心身の強さ、圧倒され /北陸

鋭いバックハンドを決める笹島湧希さん=富山市森の岩瀬スポーツ公園健康スポーツドームで、青山郁子撮影

 過去のパラリンピックで計3個の金メダルを獲得した国枝慎吾選手(35)の活躍で一躍脚光を浴びた車いすテニス。2019年春、神戸市で開かれた国内大会でCクラス準優勝を果たした笹島湧希さん(17)=県立上市高2年=に指導を受けた。

 ルールは健常者のテニスとほとんど同じだが、大きく違うのは「2バウンドまでOK」ということ。車いすは個々の選手に合わせた特注品なので、今回の体験では、県障害者スポーツ協会(富山市下飯野)から借りて、練習に参加させてもらった。

 ラケットの持ち方や、右手のひらの腹で車いすを操作することなどを一通り教えてもらい、いざコートへ。約40年前の中学時代、人気漫画「エースをねらえ!」にあこがれてテニス部に所属した経験があり、何とかなるのでは、と思ったのもつかの間、笹島さんが出すボールを追えない。前に出ようと思うと、つい足が先に動いてしまい、手を動かせない。結局、こちらのラケットの位置に合わせたボールを数発かすめて練習終了。改めて選…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです