メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おさかな元年・海なし県の挑戦

/2 富士の介 山梨 父母の長所受け継ぐ きめ細かな身、脂乗り /長野

山梨県の新ブランド魚「富士の介」=同県忍野村で

 父はキングサーモン、母はニジマスという山梨県が開発した新ブランド魚「富士の介」は今年、本格的な出荷を迎える。当初から開発に関わってきた同県水産技術センター忍野支所の主任研究員、三浦正之さん(42)は「いくつもの偶然が重なった」と誕生を振り返る。

 キングサーモンを北海道大学から譲り受けたのは忍野支所が開所された1993年。神経質なため飼育が難しく、国内で飼育しているのは同大と山梨県だけという希少な魚で、何世代にもわたって継代飼育を続けたことが後の開発につながる。

 サケマス類の交配でキングサーモンとニジマスの掛け合わせの研究がないことに着目した同センターは2007年に研究に乗り出した。交配を繰り返す中で卵を持たない富士の介が誕生。卵に栄養がいかない分、肉質が安定するのが大きな特徴で、父親譲りの身のきめ細かさやほどよく乗った脂など味の評価は高い。

この記事は有料記事です。

残り1164文字(全文1540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  2. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 同性愛が処罰された時代に描かれたゲイアート「トム・オブ・フィンランド」 大使館が発信するまでの歴史

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです