メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

準々決勝 常翔学園監督・主将、大阪桐蔭監督・主将、東海大大阪仰星監督・チームリーダーの話 /大阪

最後まで集中 常翔学園・野上友一監督

 このチームは本当にぎりぎりまで頑張る。最後まで集中していた。相手が強力だからこそ勝利の感動も大きい。楽しかった。前半耐えて、後半が勝負だと伝えていた。FWがスクラムも含めて前に出て、BKにいいボールが出ていた。

仲間たちに感謝 常翔学園・為房慶次朗主将

 最後まで諦めるなとみんなで声を掛け合った。逆転トライを奪えて、めちゃめちゃうれしかった。体格の大きな相手にひるまなかった仲間たちに感謝したい。次戦の御所実は春の近畿大会で0―7で惜敗しており、絶対にやり返す。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです