メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消防団活動PR 話す自販機設置 大田・JAしまね /島根

消防団支援の自動販売機の除幕を行う関係者ら=大田市長久町長久のJAしまね石見銀山地区本部で、柴崎達矢撮影

 消防団活動に役立てる自動販売機の除幕式が、大田市長久町長久のJAしまね石見銀山地区本部であった。「しゃべる自動販売機」と呼ばれ、飲み物を買うと半鐘の音や消防団をPRする音声が流れる。売り上げの一部をJAしまねが大田市に寄付し、消防団関連予算に充てられる。

 大田市消防団はここ5年ほど団員の充足率10…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです