メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

米、イラン司令官殺害 イラクで空爆、トランプ氏指示

バグダッド国際空港近くの路上で燃える残骸。地元民兵組織によるとミサイル攻撃の後に火災が発生したという=ソーシャルメディアに掲載された画像から3日、ロイター

 米国防総省は2日夜(日本時間3日午前)、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のスレイマニ司令官を軍事作戦により殺害したと発表した。トランプ大統領の指示によるもので、海外に派遣されている米国人を守るための「防御的な行動」だと説明した。一方、イランの最高指導者ハメネイ師は米国への報復を示唆。米国とイランの緊張がさらに高まるのは確実だ。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、スレイマニ氏らは数人の仲間とイラクのバグダッド国際空港から車で…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  3. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  4. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです