メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2020 座談会(その1) 混沌の世界、どう報道

(奥列左から)吉永みち子氏、池上彰氏、荻上チキ氏、鈴木秀美氏=東京都千代田区で昨年12月14日

 東西冷戦の終結から30年が経過し、現行の日米安保条約の調印60年という節目の年を迎えました。米中の覇権争いが激化し、混沌(こんとん)とする国際情勢をどう報じていったらよいでしょうか。国内に目を向ければ、「桜を見る会」問題に象徴されるように長期政権の緩みが顕在化していく中で、報道機関のあるべき姿も改めて問われています。【司会は渋谷卓司・開かれた新聞委員会事務局長、写真は竹内紀臣】(座談会は昨年12月14日開催。紙面は東京本社最終版を基にしました)

この記事は有料記事です。

残り3657文字(全文3882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです