メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年荒々しく 栃木・鹿沼で恒例の強飯式

ひれ伏す人の首を二股の責め棒で押さえ付ける強力=栃木県鹿沼市の発光路公民館で2020年1月3日午前10時28分、花野井誠撮影

 国の重要無形民俗文化財で正月恒例の「発光路(ほっこうじ)の強飯式(ごうはんしき)」が3日、栃木県鹿沼市上粕尾の発光路公民館で行われた。地元住民が扮(ふん)する山伏らが山盛りのご飯を食べるよう参列者を責め立てるなどし、地域の繁栄や無病息災を願った。

 地元の妙見神社の神事で、人間界を訪れる神仏をごちそうでもてなす儀式。南北朝時代…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです