メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「1129(いい福)」小切手や海外の紙幣も 京都・伏見稲荷大社さい銭開き

正月三が日のさい銭を数える銀行員ら=京都市伏見区の伏見稲荷大社で2020年1月4日午前9時19分、川平愛撮影

 「商売繁盛の神様」として知られる京都市伏見区の伏見稲荷(いなり)大社で4日、三が日に集まったさい銭を数える「さい銭開き」が始まった。紙幣や硬貨に交じり「1129(いい福)」などと語呂合わせの金額を記した小切手も。外国人に人気の観光スポットであり、人民元など海外の紙幣も見られた。

 境内の約50カ所に置かれたさい銭箱が社…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 東京都で新たに22人の感染確認 20人超は15日ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです