メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最後の関門」スポーツ界で苦悩する性的少数者 競技のために「うそをついているよう」

日本スポーツ協会が初めてLGBTをテーマに開催した指導者向け講習会で講演する下山田志帆選手=東京都新宿区で2019年12月21日、吉田航太撮影

 自らの性に戸惑いながら女子スポーツ界で活動してきた性的少数者の2人が毎日新聞のインタビューに応じ、初めてメディアの前で心の葛藤を語った。ともに団体球技で強化指定選手にも選ばれてきたが、競技のために本意でない女性として活動することにためらいを感じ、社会の偏見の前に本心も公表できないできた。東京五輪・パラリンピックは「多様性と調和」を大会ビジョンに掲げるが、苦悩する性的少数者の実態が浮かび上がった。

 2人は匿名を条件に2019年12月、東京都内で個別に取材に応じた。

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 三鷹の森ジブリ美術館、25日から臨時休館 新型肺炎感染防止で

  4. 特急にはねられ、60歳女性が死亡 JR佐々木駅 /新潟

  5. 名古屋高速の6料金所閉鎖 3月上旬まで 収受会社員が新型コロナ感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです