メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レーシングカー技術で「最高の国産艇を」 五輪カヌー表彰台目指す

男子カヤックシングルでの足立和也選手の予選1本目=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月19日、大西岳彦撮影

 静岡県御殿場市のレーシングカー設計会社「ムーンクラフト」が、東京五輪カヌー・スラローム男子カヤックシングルの代表に決まった足立和也選手(29)=山口県体協=と、二人三脚で競技用の艇を開発している。カヌーの艇は欧州製が主流だが、ムーン社社長の由良拓也さん(68)は「レース車の技術を生かした最高の国産艇を作る。日本のものづくりのレベルの高さを世界に示したい」と、メダル獲得への貢献を誓う。

 スラロームは、激流の中に設けられた20前後のゲートを通り、下流のゴールまでのタイムを競う。ゲートに…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 平手友梨奈さん「欅坂46」脱退を発表 佐藤詩織さんは一時休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです