特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

レーシングカー技術で「最高の国産艇を」 五輪カヌー表彰台目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子カヤックシングルでの足立和也選手の予選1本目=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月19日、大西岳彦撮影
男子カヤックシングルでの足立和也選手の予選1本目=東京都江戸川区のカヌー・スラロームセンターで2019年10月19日、大西岳彦撮影

 静岡県御殿場市のレーシングカー設計会社「ムーンクラフト」が、東京五輪カヌー・スラローム男子カヤックシングルの代表に決まった足立和也選手(29)=山口県体協=と、二人三脚で競技用の艇を開発している。カヌーの艇は欧州製が主流だが、ムーン社社長の由良拓也さん(68)は「レース車の技術を生かした最高の国産艇を作る。日本のものづくりのレベルの高さを世界に示したい」と、メダル獲得への貢献を誓う。

 スラロームは、激流の中に設けられた20前後のゲートを通り、下流のゴールまでのタイムを競う。ゲートに触れるとタイムが加算されるため、艇にはスピードと操作性が求められる。

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1479文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集