メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジ2020~彩の国から~

/3 期待の次世代アスリートたち 小池はなさん/大室杏夢さん /埼玉

クライミング施設で練習する小池はなさん=埼玉県川口市で

 次世代を担うユース、ジュニアの選手たちは今年、東京五輪でトップアスリートの活躍に将来の自分を重ね合わせるだろう。母国開催の祭典を肌で感じて大きな夢を抱き、世界の舞台に飛び出すために挑戦を続ける。

「東京」刺激に頂点へ スポーツクライミング・小池はなさん(14)

 中学生クライマーの小池はなさん(14)にとって、2019年は飛躍の年だった。イタリアで8月に開かれたスポーツクライミング世界ユース選手権。04、05年生まれが対象のユースBのリード種目で銀、ボルダリングでも銅メダルを獲得し、初の世界大会で表彰台に立った。「目標はワールドカップ(W杯)の年間女王と五輪のメダル。そのためにもユース日本代表として表彰台の頂点を目指す」。今年は将来を見据えた挑戦の年だ。

 5歳で競技のとりこになり、12歳でジュニアオリンピックカップ、13歳の時には日本ユース選手権リード…

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです