メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独特の感性、光るアート 癒やしの絵、障がい者が描く 富田林・工房はんど /大阪

トートバッグなどオリジナル作品を示す安野壽さん=富田林市の工房はんどで、中尾卓司撮影

 富田林市で障がい福祉サービスを提供する合同会社「工房はんど」がオリジナルの障がい者アート作品を生み出している。トートバッグやカード入れなど独特の感性が光る作品ばかりだ。工房はんど代表の安野壽(ひさし)さん(51)は「利用者が描くアート作品には、人の心に訴えかける癒やしの力がある」と説明している。【中尾卓司】

 工房はんどの入り口には、数多くの作品が陳列されている。オリジナルトートバッグ、カラフルな布製品、キーホルダーなど一つ一つの作品に、手作りの温かさが表現されている。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです