メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツしようよ!

目指せWMG2021 障害者スポーツ 西宮 誰もが楽しんで交流 /兵庫

車いすバスケットボールを楽しむメンバーにアドバイスを送る中西工さん(中央)=西宮市染殿町の市総合福祉センターで、生野由佳撮影

 「ナイスパス、ボールを回していこうか」。西宮市総合福祉センターの体育室で昨年12月中旬、車いすバスケットボールを楽しむ男女8人とサポートするボランティアの声が響いていた。アドバイスを送るのは、同センター障害者スポーツ事業係長の中西工(たくみ)さん(58)。全国身体障害者スポーツ大会で県代表チームを率いた経験もあるベテラン指導者だ。中西さんらが講師を務め、西宮市はワールドマスターズゲームズ(WMG)のオープン競技で、障害者スポーツの体験会場となる。

 大阪体育大を卒業した中西さんは同センターの開館(1985年5月)に合わせて就職した。障害者のために整備されたセンターは約1万平方メートルの広い敷地に地下1階、地上4階建て。プールや体育室、トレーニング室、食堂まで備え付けられ、障害者スポーツの拠点施設となった。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです