メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ディープラーニングってなに? 圧倒的な画像認識力 AIブームきっかけ=回答・柳楽未来

がん組織の病理画像。がんの特徴(色の濃い部分)を人工知能(AI)がディープラーニングで自ら見つけ出した=理化学研究所提供

 なるほドリ がんを再発しやすい人の特徴(とくちょう)を、AI(人工知能)が細胞(さいぼう)の病理画像から自分で見つけ出したという記事を読んだよ。

 記者 AIの技術の一つ、ディープラーニング(深層学習)が使われました。コンピューター上で、脳神経細胞(ニューロン)がつながった人間の脳をまねたネットワークを作り、計算させる手法をベースにしています。この構造を何層にも深く(ディープに)重ねた仕組みで、名前の由来になっています。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅語を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2カプセルを回収 地球帰還、豪砂漠に着地 JAXA発表

  4. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  5. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです